【シャロースイングのメカニズム】右手をクルッと回すだけ!

シャロースイングのメカニズム

【ゴルフスイングのメカニズム】

第2回目は、シャロースイングのメカニズムについての解説です。

右手の動きが完成します。

【上半身編】
STEP1・【フェースローテーションのメカニズム】
STEP2・【シャロースイングのメカニズム】
STEP3・【アームローテーションのメカニズム】
STEP4・【右サイドスイングのメカニズム】
STEP5・【トップの高さを決めるメカニズム】

【下半身編】
STEP1・【下半身リードのメカニズム】

ここまでのまとめ記事・【初心者必見!】ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法

【上半身と下半身の連結】
STEP1・ゴルフスイングの力の入れ方
STEP2・捻転差(タメ)をリリースするタイミング

【実践編】
STEP1・【脱力スイングのメカニズム】
STEP2・ハーフスイングで正しいゴルフスイングを身に付ける練習法
STEP3・【実は難易度が高い!】ゴルフのフルスイング練習法

シャロースイング

右手の筋肉の伸張反射

シャロースイングは簡単に身につく動き

スイング作りの初めに身につけるべき動き

目次

シャロースイング・シャローイングとは?

シャロー(Shallow)とは、英語で「浅い」という意味を現します。

シャロースイング・シャローイングとは、ダウンスイングでヘッドが鈍角に(浅く)な軌道をえがくスイングのことを指します。

シャロースイングが出来ると、無駄な力を使うことなく簡単にヘッドスピードがアップします。

簡単にヘッドスピードが上がるということは、簡単に飛距離がアップするということです。

パッシブトルク打法も同じスイング

2017年ころから「パッシブトルク打法」が流行りましたが、シャロースイングとメカニズムは同じです。

ヘッドの軌道が大きく鈍角になっているスイングを「パッシブトルク打法」と呼ぶ傾向があるようですが、体の動かし方に違いはありません。

シャロースイングのメカニズム

シャロースイングのメカニズムを解説します。

右手をクルッと回す動き

シャロースイング

右肘を支点にして、右手をクルッと回す動きがシャロースイングの動きです。

難しい動きではありません。

誰でもすぐに取り入れることができる簡単な動きです。

右手の筋肉の伸張反射

専門的な表現をすると、シャロースイングとは右手の筋肉の伸張反射を使った動きです。

筋肉の伸張反射とは、筋肉をバネのように使う動きのことです。

プロボクサーのジャブを思い浮かべてもらうとイメージしやすいと思います。

右手をバネのように使うジャブは、ほとんど力を入れていないのに威力・スピードがあります。

右手に限らず、ゴルフスイングは全身の筋肉の伸張反射を使うことで、スイングスピードをアップさせます。

シャロースイングの条件

右肘が体の前

右手をクルッと回すためには、右肘が体の前にあることが条件になります。

シャロースイングのメカニズム③
右肘が引けているとシャロースイングは出来ない

アマチュアゴルファーは右肘を引く人が多いですが、右肘が引けているとうまく右手を回すことができなくなります。

リラックス

筋肉をバネのように使う(筋肉の伸張反射)ためには、リラックスしていることも条件になります。

シャロースイングの動きは、トップからの切り返しで取り入れますが、トップでリラックスできていることが大切です。

トップで力んでいると、右手をクルッと回すことができません。

「右肘は体の前」「リラックス」この2つはシャロースイングのための絶対条件

マシューウルフ選手

シャロースイングを最大限に活用しているのがマシュー・ウルフ選手です。

個性的なスイングとして注目されていますが、ヘッドの軌道を可能な限り大きくすることでヘッドスピードの加速を促しています。

切り返しから大きくヘッドを動かす動きは、安定性に欠けます。

ヘッドスピードが上がるのは分かっていても、取り入れている選手が少ない理由です。

シャロースイングのメリット

ヘッドスピードアップ・飛距離アップ

右手をクルッと回す動きをしてみたら分かりますが、力を入れることなく簡単にヘッドスピードが上がります。

つまり、飛距離アップに絶大な効果があります。

トップでリラックスできるようになる

右手をバネのように使うには、リラックスしていないと出来ません。

シャロースイングを身につけることによって、トップでリラックスできるようになります。

右肘の動きに注意できるようになる

右手をクルッと回す動きは、右肘が体の前にあることが条件です。

アマチュアゴルファーの多くは、右肘を引く癖があります。

シャロースイングを身に付けることで、右肘を引くという悪いクセを治すことができます。

シャロースイングのデメリット

シャロースイングとは、ゴルフスイングの基本動作です。

必ず取り入れないといけない動きですが、取り入れるにあって注意するべきポイントを紹介します。

手打ちスイングの人は導入できない

手打ちスイングの人は、正しいスイングとは運動のメカニズムが根本的に異なります。

手打ちスイングのなかにシャロースイングの動きを取り入れることはできません。

スイングのリズム・タイミングが大きく変わる

シャロースイングの動きは、切り返しから一気にヘッドが加速します。

シャロースイングを取り入れることによって、切り返しからのスイングリズム・リリースのタイミングが大きく変わってしまいます。

簡単に取り入れることができる動きですが、スイングの安定には少し時間がかかる場合もあります。

初心者ゴルファーはシャロースイングの動きを最初に取り入れておくことをお勧めします。

体に負担がかかる・ケガのおそれもある

シャロースイングはヘッドスピードが一気にあがる動きなので、体にかかる負担も大きくなります。

また、筋肉の伸張反射は、筋肉を最大限に縮める・伸ばす動きをします。

「腰痛・四十肩・五十肩」や「体が硬い」人は、ケガにつながる可能性もありますので注意してください。

「ストレッチ」「筋トレ」はケガを予防する効果があります。

ゴルフの為のストレッチ
ゴルフの為の筋トレ

シャロースイングの間違った動き

「シャロースイングは難しい」「シャロースイングに効果は無い」と感じている人は、間違った動きをしている可能性があります。

ゆっくりした動き

シャロースイングは、右手をムチのように使います。

見よう見真似で、ゆっくりとした動きでシャロースイングを取り入れても効果はありません。

シャフトを下ろす・寝かせる

シャロースイングのメカニズム②

「パッシブトルク打法」と「シャロースイング」の動作解説でよく使われている表現

  • シャフトを寝かせる
  • シャフト・腕を真下に下ろす
  • 重力を使う

シャロースイングは、右手の筋肉の伸張反射をつかってクルッと回す動きです。

シャフトを下ろす・寝かせる動きを意識していては、シャロースイングを正しく取り入れることはできません。

これらの表現は似ても似つかない間違った表現です。

シャロースイングがうまくできない人

シャロースイングは簡単に取り入れることができる動きです。

シャロースイングがうまく出来ない人は、ゴルフスイングの基本動作が身についていないと思われます。(手打ちスイング)

コンテクスチュアルトレーニングを行うことによって、ゴルフスイングの基本動作を身に付けることができます。

ゴルフスイングの基本動作を身につけるコンテクスチュアルトレーニング

シャロースイング まとめ

シャロースイング

右手の筋肉の伸張反射

シャロースイングは簡単に身につく動き

スイング作りの初めに身につけるべき動き

シャロースイングは、ゴルフスイングの基本動作の1つです。

「導入するか」「しないか」の二択ではありません。

スイング作りの初めに取り入れておくことで、のちのちスイングを修正する苦労から逃れることができます。

【ゴルフスイングのメカニズム】

次回は、アームローテーションのメカニズムについての解説です。

両手の動きが完成します。

【上半身編】
STEP1・【フェースローテーションのメカニズム】
STEP2・【シャロースイングのメカニズム】
STEP3・【アームローテーションのメカニズム】
STEP4・【右サイドスイングのメカニズム】
STEP5・【トップの高さを決めるメカニズム】

【下半身編】
STEP1・【下半身リードのメカニズム】

ここまでのまとめ記事・【初心者必見!】ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法

【上半身と下半身の連結】
STEP1・ゴルフスイングの力の入れ方
STEP2・捻転差(タメ)をリリースするタイミング

【実践編】
STEP1・【脱力スイングのメカニズム】
STEP2・ハーフスイングで正しいゴルフスイングを身に付ける練習法
STEP3・【実は難易度が高い!】ゴルフのフルスイング練習法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる