MENU

【下半身リードのメカニズム】基本動作はヒップターンの動き

スイング解説では「下半身リード」という言葉をよく耳にします。

【ゴルフスイングのメカニズム】

今回は、【下半身編】・下半身リードのメカニズムについての解説です。

ゴルフスイングの基本が完成します。

【上半身編】
STEP1・【フェースローテーションのメカニズム】
STEP2・【シャロースイングのメカニズム】
STEP3・【アームローテーションのメカニズム】
STEP4・【右サイドスイングのメカニズム】
STEP5・【トップの高さを決めるメカニズム】

【下半身編】
STEP1・【下半身リードのメカニズム】

ここまでのまとめ記事・【初心者必見!】ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法

【上半身と下半身の連結】
STEP1・ゴルフスイングの力の入れ方
STEP2・捻転差(タメ)をリリースするタイミング

【実践編】
STEP1・【脱力スイングのメカニズム】
STEP2・ハーフスイングで正しいゴルフスイングを身に付ける練習法
STEP3・【実は難易度が高い!】ゴルフのフルスイング練習法

 

下半身リード

基本は、ヒップターンの動き

腰を回す意識は捨てること

形だけを真似しないこと

 

(スポンサーリンク)

目次

下半身リードのメカニズム

ゴルフスイングにおける下半身の動きは、3段階に別れます

ヒップターン【初心者向け】

正しい切り返しの動きを身につける為のコンテクスチュアルトレーニング⑥

ヒップターンは、初心者が身につけるべき下半身の基本動作です。

切り返しで、左足を上方向へ伸ばしながら、お尻を後ろに引く動きです。

ヒップターンができていないと、ヘッドの軌道が安定しません。

 

右足の蹴り【中級者向け】

地面反力を大きく使う動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング①

スイングに慣れてきたら、右足で地面を蹴る動きを取り入れます。

この動きができるようになると、インパクトでしっかりボールを押し込めるようになります。

 

 

左足の蹴り【上級者向け】

地面反力を大きく使う動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング②

左足の蹴りを取り入れると、ヘッドスピードが劇的に上がります。

切り返しで、左足を沈み込ませる動きです。

からだへの負担も倍増しますので、トレーニングをして身体を鍛えていることが絶対条件になります。

フィジカルが弱い状態でこの動きを取り入れると、かなりの確率でケガをするので注意してください。

※初心者は取り入れないことをおすすめします。

100y前後の距離で、わずかに距離を調整する目的なら有効です。

 

下半身の動きを身に付けるトレーニングはコチラ

地面反力を大きく使うスイングを身につけるコンテクスチュアルトレーニング

 

筋トレ・ストレッチはコチラ

ゴルフの為のストレッチ

ゴルフの為の筋トレ

 

下半身リードの注意点

腰を回さない

ヒップターン3

「腰を回す」と、右のお尻が動く

 

「腰を回す」動きと「下半身リード」とは、運動のメカニズムが異なります。

腰を回す(右腰を動かす)と、フィニッシュでスウェーする原因になります。

 

スクワットしない

地面反力を大きく使う動きを身につけるコンテクスチュアルトレーニング⑨

「スクワットダウン」と言われることがありますが、「スクワット」と「ヒップターン」とは運動のメカニズムが異なります。

特に、初心者がこの動きを取り入れると、体が上下に動いてしまいスイングが安定しなくなります。

単なる膝の曲げ伸ばしである「スクワット」の動きは意識しないことをお勧めします。

 

形だけを真似しない

バッバ・ワトソンのスイング解説9

見た目の動きを真似しても、スイングが乱れるだけ

 

「スクワットダウン」もそうですが、プロゴルファーの動きを形だけ真似しないことが大切です。

「バックスイングで左カカトを浮かせる」「フィニッシュでジャンプする(左足を浮かせる)」など

プロゴルファーの下半身の動きを真似することは困難です。(上半身の動きは真似しなければいけない)

ヒップターンの動きを身につけることを心掛けてください。

 

[bfb_show]

下半身リード まとめ

下半身リード

ヒップターンの動きが基本

腰を回す意識は捨てること

形だけを真似しないこと

「下半身リード」という言葉は、「ヒップターンの動き」のことです。

初心者は、下半身の基本動作である「ヒップターンの動き」を身につけてください。

スイングに慣れてきたら、右足で地面を蹴る動きを入れます。

左足で地面を蹴る動きはフィジカルを鍛えた上級者向けの動きです。初心者・中級者が真似できる動きではありません。

「腰を回す」「スクワット」など、見た目の動きだけを真似する意識は捨ててください。

下半身の動きは、思っている以上に難しい動きです。

プロゴルファーの動きを見た目だけ真似してもスイングが乱れるだけです。

一般のアマチュアゴルファーは、「ヒップターンの動き」「右足で地面を蹴る動き」この2つの動きを身に付けることができれば十分です。

 

【ゴルフスイングのメカニズム】

今回まででゴルフスイングの基本が完成しました。

次回からは、上半身と下半身を連動させるメカニズムについて解説します。

【上半身編】
STEP1・【フェースローテーションのメカニズム】
STEP2・【シャロースイングのメカニズム】
STEP3・【アームローテーションのメカニズム】
STEP4・【右サイドスイングのメカニズム】
STEP5・【トップの高さを決めるメカニズム】

【下半身編】
STEP1・【下半身リードのメカニズム】

ここまでのまとめ記事・【初心者必見!】ゴルフスイングの基本を1時間で身に付ける方法

【上半身と下半身の連結】
STEP1・ゴルフスイングの力の入れ方
STEP2・捻転差(タメ)をリリースするタイミング

【実践編】
STEP1・【脱力スイングのメカニズム】
STEP2・ハーフスイングで正しいゴルフスイングを身に付ける練習法
STEP3・【実は難易度が高い!】ゴルフのフルスイング練習法

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる