【ハンドファーストインパクト】手首だけを意識してもダメ!

ハンドファーストでインパクトすることは、アマチュアゴルファーにとって理想的なスイングであると同時に、難しい動きの1つでもあります。

ハンドファーストインパクトを難しくしている原因は、手首の形ばかりを意識しているからです。

今回は、正しいハンドファーストインパクトの形と、ハンドファーストインパクトを身に付ける方法を解説します。

ハンドファースト

右手首と右肘が曲がっている状態がハンドファースト

切り返しで我慢が必要

手打ちスイングだと絶対に出来ない

目次

ハンドファーストインパクトとは?

スイングの理想型

インパクトの瞬間、ヘッドより手元が先行している状態。

ドライバーからアイアン・アプローチショットまで、全てのショットはハンドファーストでインパクトすることがスイングの基本です。

正しいハンドファーストインパクトの形

ハンドファーストの正しい形は、インパクトの瞬間に右肘と右手首が曲がっている状態です。

※手首だけが曲がっている形は、ハンドファーストではありません。

トップで作った右手の形をインパクト直前までキープできていればハンドファーストでインパクトできます。

最大のメリットはインパクトでボールを押し込める

ハンドファーストインパクトの最大のメリットは、インパクトでボールを押し込めることです。

厳密に言うと、ボールを押し込める形がハンドファーストインパクトです。

インパクトでボールを押し込む動きは、そのまま飛距離アップに直結します。

ハンドファーストインパクトを身に付ける方法

上半身の正しい動きが前提条件

ハンドファーストでインパクトするためには、【ゴルフスイングのメカニズム】で解説してきた上半身の動きが正しくできていることが前提条件になります。

シャロースイング

フェースローテーション

アームローテーション

右サイドスイング

ハンドファーストインパクトは、正しいスイングの集大成です。

上半身の動きが全て正しくできていることが前提条件になります。

切り返しで右手のリリースを我慢

ハンドファーストでインパクトするために大切なことは、右手のリリースを我慢することです。

トップからの切り返しで右手のリリースを始めてしまうと、ハンドファーストでインパクトできません。

トップで作った右手の形をインパクト直前まで我慢することがハンドファーストでインパクトする条件になります。

厳密に言うと、右手をリリースしている途中がハンドファーストインパクトです。

右手でボールを押し込む

ハンドファーストでインパクトできれば、しっかりボールを押し込むことができます。

インパクトの瞬間に右肘・右手首が曲がっていると、腕に力を入れなくてもボールにしっかり力を与えることができます。

つまり、ハンドファーストインパクトは脱力スイングと密接な関係があります。

ハンドファーストにならない理由

手打ちスイングだと絶対に出来ない

手打ちスイングをしていると、絶対にハンドファーストでインパクトすることはできません。

手打ちスイングは、右手が伸び切った状態でインパクトしないとボールを打つことが出来ないからです。

正しいスイングと手打ちスイングは、動きのメカニズムが全く異なります。

手打ちスイングのままハンドファーストインパクトだけを取り入れようとするのではなく、スイングを1から見直すことをお勧めします。

手首を曲げることがハンドファーストじゃない

多くの人が勘違いをしているのですが、インパクトで手首だけを曲げる形はハンドファーストではありません。

右肘が伸びて手首だけを曲げている状態だと、ボールを打つことはほぼ不可能です。

ボールに力を与えることができませんし、フェース面をコントロールすることも難しくなります。(フェースが開きやすくなる)

右肘が曲がっていれば、ハンドファーストでインパクトできます。

大切なのは、手首を曲げることではなく、右肘を曲げることです。

ハンドファーストインパクト まとめ

ハンドファースト

右手首と右肘が曲がっている状態がハンドファースト

切り返しで我慢が必要

手打ちスイングだと絶対に出来ない

右肘と右手首が曲がっている形がハンドファースト

インパクトの瞬間、右肘と右手首が曲がっている状態がハンドファーストインパクトです。

右肘が伸びた状態で、手首だけを曲げるのがハンドファーストではありません。

この認識の違いが、ハンドファーストインパクトを難しくしています。

右手のリリースを我慢する

トップからの切り返しで、右手のリリースを我慢することが大切です。

右手のリリースが早いと、ハンドファーストでインパクトすることができません。

ハンドファーストインパクトで最も大切なことは、「右手の我慢」です。

手打ちスイングだと絶対にできない

手打ちスイングをしていると、ハンドファーストでインパクトすることはできません。

手打ちスイングはインパクトで腕が伸び切ってしまいます。

ハンドファーストインパクトを練習する前に、スイングを1から見直すことをお勧めします。

スイングの理想型

ハンドファーストでインパクトすることは、スイング理想型です。

上半身の動きが正しくできていることが前提条件になりますし、切り返しで右手のリリースを我慢する動き(タメを作る動き)も重要です。

インパクトで手首だけを曲げる意識では絶対にハンドファーストでインパクトはできません。

正しいスイングの集大成がハンドファーストインパクトです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは。タツキです。

このサイトでは、ゴルフスイングや理論、道具などゴルフに関するいろいろな記事を書いています。

スコアアップにはスイングの基礎はもちろん、道具にもこだわっていきたいと考えています。

このサイトがゴルフを楽しみたいと思っている人のお手伝いになれればいいな、と思っています。

コメント

コメントする

目次